歯科で出来る歯の移植

歯科で親知らずを移植する

歯科の親知らずの移植について

歯科は歯の健康を守るところです。虫歯や歯周病の治療はもちろん、定期的な検診も行なうことができます。親知らずはとても辛い症状です。特に虫歯になってしまうと、悪化してしまいますので抜かなければなりません。歯科で治療をする場合は、事故などで歯を失った場合は、親知らずの歯を移植する場合があります。年配の方でも細胞は若く、保険適用されますのでおすすめです。インプラントや義歯を使うよりは、抜けた歯の場所に自分の歯を移植する方が相性がいいので、よく使われる方法です。全てのケースが上手くいくとは限りませんので、医師に確認しましょう。

親知らず移植は経験豊富な歯科へ

厄介者と思われがちな親知らずですが、歯を失ったときに移植することが出来ます。しかし歯周病に侵されていたり虫歯になっていると困難になるので、口腔内の環境を常に良くするためにも歯科で定期的に検診しておくことをお勧めします。親知らずの移植は成功率がインプラントよりも低いというデータがありますが、元は自分の歯なので違和感がなく自然な噛み合わせを求めることが出来ます。治療は難易度が高いので、治療する際は経験豊富な歯科で行うと安心することが出来ます。また麻酔をして治療をするので、痛みもほとんどないとされています。どうしても抜歯しなければならない時が来たら、このような選択があることを覚えておくと良いかもしれません。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科で親知らずを移植する All rights reserved